2013年8月23日金曜日

rbenvとruby-buildでrubyを使う

  1. opensslとreadlineをインストール

    brew install openssl readline
  2. homebrewからインストールしたopensslとreadlineを使用するためにリンク

    brew link readline --force
    brew link openssl --force
  3. rubyのインストール

rbenv install -l でインストール可能なrubyが一覧できる。今回は2.0.0-p247をインストールする。

    CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=/usr/local --with-openssl-dir=/usr/local" rbenv install 2.0.0-p247
  1. opensslとreadlineのリンク解除

brew doctor で警告が出るためリンク解除しておく

    brew unlink openssl
    brew unlink readline
  1. インストール済みrubyの確認

    rbenv versions
     *system (set by /Users/foo/.rbenv/version)
      2.0.0-p247
  2. デフォルトで使用するrubyの設定

    rbenv global 2.0.0-p247
  3. 特定のディレクトリ内で利用する

    cd foo
    rbenv local 2.0.0-p247