2012年2月29日水曜日

[Node.js]Mac OS X Lionにインストールしてみる

すでにたくさん記事はあるけど備忘録として。

とりあえずwgetをインストール。 私はhomebrew使ってるけど、まあMac portsとかそのへんはお好みで。

brew install wget

次にnvm(Node Version Manager)をインストール。

% git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
% source ~/.nvm/nvm.sh

sourceのところで

nvm_ls:17:no matches found: vdefault*

とかいうエラーが出ていつも使ってるzshでは先に進めなかった。
そのため一時的にbashに切り替えて実行したところうまくいった。

*後から考えてみると、lsコマンドはエイリアス使ってたからそれが問題だったのかもしれない。


最後にNode.js本体のインストール。
Node.jsの日本語サイトでバージョンを調べ、適当なものを選ぶこと。
今回は安定版のv0.6.11を入れた。

nvm install v0.6.11

上記のコマンドを入力すると、コンパイルが始まるので暫く待つ。
インストール後、バージョンを確認する。

node --version

インストールしたバージョンが表示されれば成功。
あと、.zshrcに以下を追記する。

source ~/.nvm/nvm.sh
nvm use v0.6.11 > /dev/null

これでNode.jsが使えるようになっているはず。

ちょっと調べてみたら、nvmとzshは相性が悪いらしい。
というのも、nvmの作者がbash使いでかつ「自分が使うもの以外は実装しない」という主義だからだとか。
zshにそこまでこだわりがあるわけではないので、bashに戻すのもありかも…